kintone日付変換表示プラグインのインストール&設定方法

歯車

弊社では、kintone(キントーン)の日付に対する様々な操作を簡単に実現できるプラグインを提供しています。このプラグインを用いることで、次のお悩みを解決することが可能です。

  • 「書式を変えて表現したい(和暦、年、月、年月、年度など)」
  • 「日付に対して加算・減算をしたい」
  • 「日付から曜日や営業日・休業日を算出したい」

本ページでは、日付変換プラグインのインストールから変換設定の方法までをご説明します。

※kintone日付変換プラグインの詳細はこちらをご確認ください。

プラグインのインストール

プラグインファイルのダウンロード

まず、プラグインファイルをダウンロードします。日付変換プラグインのダウンロードはこちらからお問い合わせください。

プラグインのインストール

以下のページの「ファイルから読み込んでインストールする」の説明を参考に、プラグインをインストールしてください。

※この操作はkintoneのシステム管理者で行う必要があります。

https://jp.cybozu.help/ja/k/admin/plugin.html

プラグインをアプリに追加

以下ページを参考に、アプリにプラグインを追加してください。

https://jp.cybozu.help/ja/k/user/plugin.html

プラグインの設定

変換設定

アプリにプラグインを追加後は、プラグインの一覧に「日付変換プラグイン」が表示されます。本プラグインの設定ボタン(歯車)をクリックします。

日付変換プラグイン追加画面

プラグインの設定画面が表示されます。「アクティベーション設定」「全般設定」「日付変換設定」「日付変換設定2」「休業日・出勤日設定」に入力をします。

kintone日付変換設定画面TOP

アクティベーション

“アクティベーションキー”には、無償版でご利用の場合は何も入力をしないでください。有償版をご利用の場合は、弊社からご連絡したキーを入力します。

全般設定

“年度の開始月”には、年度の開始年を指定します。ここで指定した年月は、日付変換時に「年度」を表示する際に使用されます。

日付変換設定

日付の変換情報を指定します。「①の日付に対して、加算減算した日付(②③④)を、④の書式で、⑤のフィールド反映する」という設定を行います。

日付変換設定補足

①基準フィールド:日付変換する際の基準とするフィールドを選択します。日付フィールドが表示されます。
②増減数:基準フィールドに対して日付の増減をさせる場合、ここに数値を入力します。5日前としたい場合、-5を入力します。
③増減の単位:日、ヶ月、年から選択します。
④月末・月初:月末または月初日付を表示させたい場合、ここを選択します。
⑤フォーマット:変換後の日付の書式を選択します。
⑥変換先フィールド:変換した日付を反映させるフィールドを選択します。

⑦変換先情報の行追加:+をクリックすることで変換先の入力欄が行追加されます。削除する場合はーをクリックします。
⑧基準フィールドの追加:基準フィールドを追加する場合、+をクリックします。削除する場合はーをクリックします。

無償版でご利用の場合、1つ目の変換設定のみ有効となります。2つ目以降の変換設定を入力しても有効化されませんのでご注意ください。

日付変換設定2

有償版でご利用の場合のみ有効となります。「日付情報変換」とほぼ同じですが、基準フィールドに日付フィールド以外を指定可能、増減数にアプリ内のフィールドを指定可能です。

日付変換設定2の説明

①基準フィールド:日付変換する際の基準とするフィールドを選択します。日付、ドロップダウン、ラジオボタン、数値、文字列(1行)フィールドを指定可能です。
②基準フィールドの書式:①がどのような形式の日付なのかを指定します。※①の日付が②の形式になっていない場合、日付変換処理自体行われません。
③増減数:基準フィールドに対して日付の増減をさせる場合、ここで増減数が設定されている数値フィールドを指定します。※数値フィールドの値が未入力の場合は0として変換します。
④増減の単位:日、ヶ月、年から選択します。
⑤月末・月初:月末または月初日付を表示させたい場合、ここを選択します。
⑥フォーマット:変換後の日付の書式を選択します。
⑦変換先フィールド:変換した日付を反映させるフィールドを選択します。

⑧変換先情報の行追加:+をクリックすることで変換先の入力欄が行追加されます。削除する場合はーをクリックします。
⑨基準フィールドの追加:基準フィールドを追加する場合、+をクリックします。削除する場合はーをクリックします。

休業日・出勤日設定

休業日・営業日設定画面

土日の扱い:土曜または日曜を休業日とする場合、ここを選択します。
祝祭日の扱い:祝祭日を休業日とする場合、ここを選択します。
会社独自の休業日:会社独自の休業日をここで選択します。テキストボックスをクリックすとカレンダーが表示されますので、休業日としたい日を選択します。
会社独自の出金日:土日は基本休みだけれどこの日だけは営業日にする、というような場合にここで設定します。

参考:kintone日付フィールド選択時に表示されるカレンダーへの休日・祝日の色づけ表示

保存

変換設定後に画面の下までスクロールし、「保存」ボタンをクリックします。

アプリの更新

保存後は以下の画面が表示されますので、「アプリの設定に戻る」または「アプリ設定」のリンクをクリックします。

キントーン噴き出しメッセージ表示プラグイン保存後

画面右上の「アプリの更新」ボタンをクリックします。

プラグイン設定画面(アプリの更新)

以上でプラグインの設定は完了です。

画面を表示すると、変換先フィールドに設定したフィールドは入力できないようになります。基準フィールドの日付が変わると、変換先フィールドに変換後の日付が反映されます。

日付変換プラグインサンプル画面

よくある質問

Q.プラグインの設定を変更したが、画面で反映されない。
A.アプリの更新を行っていない可能性があります。プラグインの変換設定を変更した場合は必ずアプリの更新まで行ってください。

関連記事

  1. ERROR

    【kintoneプラグイン開発】読み込み時に「不正なリクエストです」と…

  2. 歯車

    kintone自動全角⇔半角変換プラグインのインストール&設定方法

  3. ブラウザのタブ

    kintoneでリンククリック時に新しいタブで表示する方法

  4. ノート

    kintone帳票系プラグインの機能比較 | プリントクリエイター・R…

  5. 計算するビジネスマン

    kintoneアプリのフィールドの値を増減値として日付の加算・減算をす…

  6. 問題・設定・解決・気付きのイメージ

    kintone自動全角⇔半角変換プラグインの使いどころ【利用想定例など…

最近の記事

  1. ブラウザのタブ
  2. クラウドとモニター
  3. プログラミング
  4. システム開発者
  5. 悩む女性

おすすめ記事

  1. プラグインイメージ