kintone認定カスタマイズスペシャリストの勉強には学習ガイドを活用しましょう

業務フロー図を書くイメージ

こんにちは、kikuです。福島県でkintoneを活用した業務改善&サポートを行っています。

今回はkintone認定資格の学習サイトについてご紹介します。

kintone認定資格について

サイボウズがkintoneスキルを公式に認定する資格は全部で6つあり、2019年5月時点では次の3つはリリースされています。

基礎スキル

  • Associate:アソシエイト

専門スキル

  • App Design Specialist:アプリデザインスペシャリスト
  • Customization Specialist:カスタマイズ スペシャリスト

kintoneを活用した業務改善を進めるにあたり、資格は持っていても持っていなくても特段違いはありませんが、自分のkintoneスキルを確認する意味でも受けてみてよいかと思います。

カスタマイズスペシャリストの学習について

私も過去に試験を受けていまして、アソシエイトとアプリデザインスペシャリストについては資格を保有しておりますが、カスタマイズスペシャリストについては試験を受けていないため、まだ資格を持っていません。

アソシエイトとアプリデザインスペシャリストについては書籍が売られていたりするのでそれを参考に出来たりしますが、カスタマイズについて参考に出来そうなのはcybozu developer networkのみ。APIドキュメントをメインに参考にしつつ、手を動かして覚えるぐらいしかないのかなと思っていました。

もう少し勉強用にまとまっているところが無いかと日々思っていましたが、kintone MAGAZINEを見たところ、cybozu developer networkのサイト内に学習ガイドというページがあるという事を知りました。

サイボウズデベロッパーネットワークの学習ガイドのページ

https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/360022670672

いつの間にかこんなページが出来ていたようです。

cybozu developer networkのトップページにもリンクが貼られていましたが、トップページをリニューアルしたんだねぐらいしか思っていなかった&トップページはほぼ見ないという状況だったため、全く気づきませんでした。

学習ガイドでは基礎編と実践編に分けて参考ページが紹介されていますので、一通り行ってみるとカスタマイズに関する理解が深まると思われます。

学習ガイドでは、出題範囲に沿った記事を基本編・実践編に分けて紹介しています。
まずは、基本編で kintone カスタマイズの基礎知識を学習しましょう。基本編の内容を理解できたら、実践編に挑戦し、理解を深めましょう。

https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/360022670672 より引用

カスタマイズで何ができそうなのかも、このページが参考になるかもしれません。

最後に

カスタマイズスペシャリストをいつの日か受けてみようと思っています。受験後は結果をここで共有していきます!

関連記事

  1. セミナーホワイトボード

    仕事帰りに業務改善助成金セミナーはいかがでしょうか【福島県郡山市:20…

  2. 打合せスペース

    kintone Café 福島に参加して中小企業の業務改善に使えるクラ…

  3. 講義

    仕事終わりに仕事の無駄発見ワークショップで勉強しよう(2018年7月2…

  4. キャビネット内の大量のファイル

    小・中規模の会社がまず始める業務改善は紙書類の削減(ペーパーレス化・電…

  5. オフィス

    kintone認定アソシエイト試験を受けてきました。対策と結果など。

  6. CAFEのイメージ

    kintone Café 福島 Vol.5に行ってきました【郡山】

最近の記事

  1. ファイルのアップロードダウンロード
  2. 円グラフ、棒グラフ、折れ線グラフ
  3. 検索窓
  4. デスクの上のノートPC
  5. フラットアイコン一覧

おすすめ記事

  1. プラグインイメージ